トップイメージ
HOMEラインアップコンピュータチューニングAWRON DGAProRacingRaceChipENGLISH
会社案内代理店・特約店ご購入モータースポーツBARDAHLリンクCHINESE

Ignite VSD alpha 16v  開発コンセプト
○イグニッションシステムの入力電圧12Vをブーストアップし16Vにすることで、点火コイルのもつ能力を最大
 限に生かしたい
○車両の電子機器や電装品の使用により低下するコイル入力電圧を、16Vに昇圧安定させる事で常にコイル
 入力電圧を安定させたい
○電圧を安定させるだけの物とははっきりと違う製品にしたい
○最新のダイレクトイグニッションコイルのイグナイターに悪影響を及ぼさない (type Rを除く)
○S15シルビア、ランサーEVO、ワゴンRなどに多く見られる高ブースト仕様車の失火を防止させたい
○装着後のメンテナンスが不要であること
キーワードは『スパークチューニング』装着効果を体感させる!
コンセプト
高価な点火システムを装着することなく、Ignite VSD alpha16vを装着するだけでコイル入力電圧を16Vに昇圧し、且つ安定させることで常に強力な点火火花が得られる
設計の方向
@従来のコイル電圧安定方式の欠点を分析し、その問題点を解決する
A最新のDLIシステム及び従来の点火システムの多くに対応できる、商品開発
B各種モータースポーツでも使用できる、高性能の追及
Cエコロジーに配慮し、燃費向上と有害ガス軽減
特徴と特性 
1、コイル入力電圧を12Vから16Vにブーストアップ
  typeR は12Vから16V/18V/20Vに切り替え式でブーストアップ
2、電装品使用時にもコイル入力電圧を低下させない安定化電源
3、高回転トルクのUP
4、レスポンスのUP
5、燃費のUP
Copyright © T.M.WORKS, Ltd. All rights reserved.